読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶんゲームオーバー

気付かないふりーくす

Ropes『dialogue』によせて

音楽
dialogue

dialogue

 

 

 

ひとことで言えば美しい作品。みことで言えば美しく、穏やかで、力強い作品。だと思います。それだけで十分なんだけど、なんだか久々にブログに書きたくなってきたので。相変わらず内容にはあんまり触れてないので作品紹介にはなってないです。相変わらず自身の感想のみ。それでもよろしければ。あと失礼ながら敬称略とさせていただきます。





自分はon button down(以下オンボ)の1stで初めてアチコの歌声に触れて以来、彼女の歌声はこれ以上ないくらいバンドサウンドに似合う歌声だなと思い続けていて、だからこそオンボ後の石橋英子とのユニットはう〜ん何か違うな・・・って感じであんまりグッとこなかった。だからこそKARENでの活動やオンボ再始動はとても嬉しかったし、KAREN解散は心底悲しかった。KARENまたやってくれないですかね。てかオンボはあれからどうなったんですかね・・・。あと自分はとんでもない妄想癖の持ち主なもので、オンボやKARENを聴いてると、彼女の歌声がバンドサウンドに乗って大空へ飛び立ち駆け回るイメージが頭の中でしょっちゅう浮かんだりもした。もちろん違うバンド故多少の違いはあるけれど、どちらのバンドでもよく感じた事。Ropesに関してはデュオ形態とはいえ歌とギターだしバンドに合う=ギターに合うとぶった切る事もできるし(ざく切り過ぎるだろ)戸高曲との相性はKARENで証明済みだしでそこまでの心配はなく、その辺は概ね予想通りだったけどやっぱりバンドの方がいいかなってのが正直な感想。ただ歌声が祈りを空へ捧げているようにも聴こえてきて、全然違うけど同じ様に“空”を感じる事ができてその辺嬉しかったり。祈りを感じる歌がとても好きだったりするので余計に。・・・というのが前作『usurebi』までの話。さてここからが本題、待ちに待ち望んでいたにも関わらず直前まで発売日をすっかり忘れていた(Twitterに感謝)1stフルアルバムである今作『dialogue』の感想になるのだけど、聴き終えてまず初めに思ったのは、自分でも驚いたことに、アチコはもうバンドやらなくてもいいな、という事だった。この2人さえ一緒でいれば、この声とこのギターさえあれば、他にはなにもいらないな、なんて思ってしまったのだ。いやまぁもちろんオンボやKARENにはまた活動してほしいですよ?でも、聴いてる間はどうしてもそう思ってしまう。そう思ってしまうくらい素晴らしい作品だった。



アルバムという事もあって単純に曲数が増え前作に比べて(もちろんギターを軸にしての)アレンジの幅も広がり聴き応え十分で飽きのこない作りになっていると思う。そして、どの曲からも聴こえてくる、アチコの祈りを捧げるような穏やかで力強い歌声と、戸高の祈りを捧げるような穏やかで力強いギターの音。という、このユニットの芯の部分は以前と変わらず、いや、嬉しいことに以前よりも確かに強く感じる事ができる。この辺りは曲数が増えアレンジも広がったからこそ、という部分も大きいのだろうけれどもちろんそれだけではない、はず。いや、というか、そもそも・・・以前と変わらずって書いたけど、前作もこんな感じだったっけ・・・?アチコの歌声はともかくとして、失礼ながら戸高のギターにそこまでのものは感じなかったはずだ。個人的には前作は歌に寄り添って一体になっているような印象だった気がする(だからこその良さももちろんあった)。もちろん今作でもそういうところはあるけれど、それ以上に、今作では共に強烈な個を出し合っているかのような・・・(“強烈な”って言葉が使われる様な作品じゃないけれど)。実際歌声よりもギターに心を引っ張られる瞬間も何度かあった。これには心底驚いた。はっきり言ってしまえば自分は今の今まで戸高のギターに心惹かれた事、それ以前に意識して聴いた事なんてほとんどなかったように思うのだ。自分の中では彼は1人のギタリスト、というよりも、ART-SCHOOLKAREN、Ropesの一員、という印象の方が強い(他のプロジェクトに関してはまだ聴けてないのですが)。それはギターよりも彼の作る曲の方が好きだからであって(ART-SCHOOLの一番好きな曲は「Grace Note」なんですよ)。それがなんと、自分が長年愛してやまないアチコの歌声よりもグッときちゃったりしているのだ。この辺りも曲数が増えアレンジも広がったからこそ、あと細かく言えばMIXって部分もあるっちゃあるのかもしれないけど、そんなのはきっと些細な事だろう。この心はもっともっと大きなものによって突き動かされているはずだ・・・。今更ながら戸高のギタリストとしての素晴らしさを痛烈に実感した、というよりも、戸高のギターめっちゃ愛おしくなってきた・・・。ああ抱きしめたい・・・。なんだかめっちゃ土下座して謝りたい気分・・・。感極まりまくってよくわからなくなってきたけどとにかく、それ程までに今作でのギターは穏やかながらも力強く主張している。でも受け取れる感覚は歌声と同じ、というか・・・進む道や目的地は一緒だ。なんというか、歌とギター、違う人から発せられていても、同じ場所で鳴っているように感じる。同じ場所から共に同じ高み、同じ空を目指して鳴り響いているような・・・ああなんか書いてて泣きそうになってきた・・・。さっきも書いたけれど、ここまでくるともうアチコは戸高以外のギターとやってほしくないし戸高もアチコ以外とやってほしくないとか思ってしまう。いや実際はそんな事ないんだろうけど。でも聴いてる間はこう感じちゃうよ。これは仕方ない。これ以上は上手く書けそうにないし泣いちゃいそうだからやめとくか・・・。何はともあれこんな感じの作品だったので、欲を言えばインストだけってのも聴いてみたいな、と。多分こう思ってる人自分以外にもいるんじゃないかな、と。何らかのかたちで全曲のインスト盤みたいなのリリースされないでしょうか。お願いしますTHROAT RECORDS様・・・。でも7曲目はダメだな。7曲目以外でお願いします・・・。自分は7曲目まで聴き終えて、このユニットは永遠に続くのではないか、いや、続くのだろうな、と思った。こんな事思ったのはおそらくテニスコーツに出会った時以来だ。ぶっちゃけ7曲目はズルい。これまでの流れのあとにこんなの聴かされたらそりゃこんな風にも思ってしまうって。でも実際問題、もちろん7曲目はなくてはならない曲だけれど、この曲がなくても、全て聴き終えたあとにはきっと同じ事を感じていたはずだ。そう確信する程に、永遠に続いてゆくであろう2人だけの黄金率が、ここでも確かに鳴り響いてる。



とんでもない妄想癖の持ち主なもので、もちろん作品にもよるんだけど、音楽を聴いてると、頭の中で女の子が曲に合わせて舞い踊っている姿が浮かんでくる事がある。そんな音楽は自分の中では最高のダンスミュージックだと決め込んでいる。このアルバムも最高に素敵なダンスミュージックだった。





とりあえず今のところは以上です。また上手い事書けなかった・・・とにかく、ひとことで言えば美しい作品。みことで言えば美しく、穏やかで、力強い作品。だと思います。一人でも多くの人に届きますように。ちなみに自分が一番好きな曲は、3曲目・・・いや6曲目・・・いや、7曲目、かなあ・・・。