読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶんゲームオーバー

気付かないふりーくす

名瀬ゆかな(CV:秋野花)「ホントノトコロ」

音楽


f:id:pesorandum:20150914230105p:plain



 紆余曲折を経て(本当にお疲れ様でした・・・)feng本気の低価格エロゲ第二弾『妹のセイイキ』が先月末発売になりました。妹ゲーですよ妹ゲー!攻略ヒロイン1人のみとはいえ1998円はさすがに安過ぎなのでは・・・という一抹の不安もありましたが何せfengの妹ゲー、ライターは違うとはいえあの長瀬湊を生み出した涼香先生だ・・・。それでいてお買い得とあればそりゃもう買うしかないでしょう。もちろん第一弾の『彼女のセイイキ』は未プレイです。ちなみに10800円も抱き枕カバー付き限定版というのも同時発売だったのですがまだ買えるのかな。もちろん僕は通常版を買いました。はっきり申し上げますとさすがに今回は抱き枕カバー欲しかった。イラストに心射抜かれた(バチクソエロかわいい)。しかしそんなのに使う無駄金どこにあんだよってのが現実なのでした。こんなんだからいつまでたっても半端者なんだよな俺は。そんなわけで9月に入ってからでしたが(通常版を)購入しプレイしてみたのですが序盤頭沸いてるとしか思えない妹の言動の数々にウンザリしまくりで何度リタイアしようしたことか・・・だけどなんとか耐え抜き読み進めていくうちにだんだんちょい泣けるいい感じの話になってきまして。妹ゲーであることの意味というか意義もちゃんと感じられたし、終わってみれば結構良いゲームでした。妹がかわいくてほんと健気。頭沸いてるとか言ってごめん。頭沸いてるところもかわいいよ。ということで妹かわいかったしいい話だったし安かったしでいい事づくめでした。しかしこのゲーム最大の魅力は別にあります。さてここからが本題です。本日は私的2015年ベストオブベストソング(確定)をご紹介します。作詞作曲編曲:堀江晶太 / 歌:名瀬ゆかな(CV:秋野花)による『妹のセイイキ』OP曲、「ホントノトコロ」です。








初っ端から盛り上げにかかる以外の要素がないかの様な音色のイントロ、からの初っ端から殺しにかかる以外の要素がないかの様な“Hey darling, Look up me, Stay with me!”の3連コンボ。EDM過ぎないEDMっぽい感じの要素入ったアニクラ系ポップサウンド(ちょろいからこういうの大好き!てかアニソンではない場合どう言ったらいいのでしょうか・・・)にのって今作の妹・名瀬ゆかな(CV:秋野花)が元気いっぱいに歌い上げます!この歌声がほんといい!!!上手く説明できないんだけどほんといいんですよこれが・・・。女の子!って感じなんだけどボーイッシュな感じもしつつ絶妙なちょい舌足らずロリ声感によって高音部が張り付いて離れない感じ?いや何書いてんのかちっともわかんねえぞ・・・。まぁとにかくいいんです聴いて聴いて!そして“あと一秒”というワンフレーズで一気に引き込まれてからの怒涛の展開(?)を経て思わずI Need You, I Love You!!”って一緒に口ずさみたくなるようなキャッチーなサビに突入、最後の最後で普段見せないような表情にちょっとドッキリみたいなちょっとしっとりした締め方(このほんのちょっと感がたまらん)で終了。ヤバイ・・・これはヤバイ・・・。OP曲というかゲーム起動した瞬間タイトル画面で流れてくるんですけど、しばらくの間画面に釘付けになりましたもん。流れてる曲がツボ過ぎて。後日コンポーザーについて調べてみたのですがまぁなんか色々おありな方の様で・・・しかしながらそんなものは最高の1曲の前には微々たるもの。とか言いつつちょいこわくてまだ他の曲聴いてないという・・・。まぁいいかこの辺は。ED曲の「Because of」はミディアムスローでいかにもエロゲEDらしいちょいムーディーなバラード曲。秋の散歩道とかに似合いそうな感じでこちらもお気に入り。でもやっぱりOPなんだよな・・・。ゲーム終えた次の日CD買ってフル版聴いてみたのですがもう最高!!!!マジ最高でした・・・!ショート版を超えられないフル版ってそれなりにあったりするじゃないですか?この2曲には全く当てはまりませんのでショート版気に入った方々は安心してCDお買い上げください。別段驚くような展開が待ってるわけではないんですけどね。やっぱ歌詞もよくて・・・これはゲームやったからってのもあるかと思うんですけど。でもやってなくても気になってちょっと考えさせられる部分もあるというか。ぶっちゃけクリアする前にフル聴いときたかった。贅沢ですかね。あと両曲共にoff vocal ver.も良い出来で歌なしでも十分楽しめる内容となっております。これって結構大事だと思うんだけどどうですかね?もちろん妹の歌声あってこそなんですけどね。



ということでどこをとっても最高でしかないOP曲なんですけど、僕にとっては“あと1秒”っていうワンフレーズが何よりも最高というか何よりも全てで。自分の全てが一瞬で曲に持ってかれる感覚。初めてここが耳に入った瞬間この曲が大好きになったんだと思います、というか言い切れます。ぶっちゃけ現代においてはよくあるタイプの1曲だと思うんですよねこれ。でもこの曲には他のどんな曲にもない“あと1秒”がある。どんな曲でも、とはさすがに言えないけれど、ことポップやロックに関しては、何故だか分からなくても、聴いた瞬間心奪われるワンフレーズさえあれば、それだけで最高の1曲になる最高の理由になると思うんです。ほんと魔法ですよ。でもそれはやっぱり人それぞれで、だからこそ面白いっていう。でもやっぱり、自分だけなわけないじゃないですか?魔法なんだし、さ。この曲なんて“あと1秒”ですよ。最高に気が利いている。“あと1秒”という一瞬の魔法。あなたもかかってみたくないかい?




できるだけ爆音でお聴きください。



あとサイト上でもOPED曲ショート版の視聴及びダウンロードができます。歌詞もあります。何故かハイレゾ版もあったりします。