読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶんゲームオーバー

気付かないふりーくす

WWW X Opening Series Ryoji Ikeda × Merzbow

 

 

誰もが夢想しつつも誰もが根拠もなく絶対無理だろ・・・と諦め続けていたであろう池田亮司先生(自分は氏の事を面識もないくせに勝手に先生と仰いでいるので以下先生と記載)とMerzbowという2人の生きるノイズレジェンドによる(悪)夢の金網電流ノイズデスマッチが2016年10月29日WWW X Opening Seriesにて遂に実現。生まれてきてくれて本当にありがとうWWW X。しかもOpening Series最終日にコレ持ってくるとか激アツでしょわかってらっしゃる・・・。これからもお世話になります。てっきりWWWみたいな作りになってるかと思いきや普通のライヴハウスって感じのハコでしたねWWW X。想像より狭かったし。音響はWWW同様文句なしに最強でした。にしても他にもっといい名前なかったのだろうかXって・・・まぁいいか。以下本編感想。



初手Merzbow。まさかの初手Merzbow・・・。いつも通り始まりから終わりまでゴゴゴーッて感じのこれぞ真の轟音・・・、しかも立体的な音響構造によってなのかいつもの轟音が地響きと共に迫りくる轟音・・・ってな感じに聴こえてきてそりゃもう大変大興奮(わかりづらい)。どれも出音がとても綺麗で、ノイズのレイヤーなどまるで目に見えてきそう・・・なんて錯覚を抱いてしまうほど美しく、時折神々しさすら感じる瞬間もあった。出てくる音は相変わらずま、まま、魔神・・・って感じだったんですけど。ノイズデーモンMerzbow、久々に堪能させて頂きました。改造ギターっぽいノイズマシーン弾きまくる秋田さん相変わらずシビれますわあ。良い音でノイズっていいよね・・・。爆音ノイズ、良い音で聴くと耳鳴りも綺麗なんですよね変な話ですけど。耳鳴りまでがMerzbowのライヴだけどここまで気分の良い耳鳴りって初めてかも。変な話だけど。綺麗だとか気分が良いだとか言っても所詮耳鳴りは耳鳴りでしかも酷いレベルの耳鳴りなのでこの後の先生ちゃんと聴けるのか・・・やっぱ初手先生にしてほしかった・・・なんて憂鬱になったりもしたけれどそれは全くの杞憂だった、というかそれがもしかしたらいい具合に働いたのかもしれないのだ。先生のライヴは2013年に初めて観てこれで4回目なんだけど、今までで一番冷静に音を聴けたという実感があった。それは耳の具合が悪いので音に集中してたとかそういうのでは決してなく、耳鳴りが続いて耳が遠くなっているくせに、なんだか凄く“良く”聴こえたのだ。その後も終わりまでその感覚がずっと続いてて。う~んなんて言ったらいいものやら・・・一音一音のキレを明確に感じる事ができたというか、今鳴っている音の速度とその音がスロー再生されてる状態とを同時に聴いている様な感じというか・・・う~ん難しいな。以前は耳から脳に直接電流流し込まれてるんじゃないかって位の衝撃が延々と続いてそこに激しくダンサブルなリズミックノイズに五臓六腑を潰さんばかりの低周波、そしてフラッシュバック現象を地で行くあの映像が加わるもんだからいつもバグって発狂寸前の大興奮って感じだったんだけど(というか発狂してた)それとは明らかに違う聴こえ方で。それ以外は相変わらずなくせに、聴こえ方ひとつ違うってだけで先生のライヴと冷静に向き合えた気がした、というか。アプデされてるとはいえ4回ともほぼ同じセットだしそんだけ観てたらそりゃねえ・・・って感じなんだけどそれとは別問題な気がするんだよなあ。う~んほんと難しいな・・・。時折耳の鼓膜の振動も感じる事ができたあたり、まさか爆音ノイズ聴き続けた事で聴覚敏感になってたとかそういうやつだったりするのだろうか・・・とか。そういうのありそうな気するし(適当)多分それが一番近い気する(適当)。まさかこの効果を狙ってこの順番にしたとか・・・だとすればWWW Xマジでグッジョブなんですけど。ありがとうWWW X・・・これからもお世話になります(2回目)。色々書いた割には全然よくわからないけどとにかく、今までに体験した事ないくらいしっかりと“良く”聴こえたってのは確か。あの時は冷静だったけど思い返してみると滅茶苦茶興奮するなやっぱ。で冷静に観れたってことはちったあ何か感じる事ができたのかね自分は?というと・・・。ライヴの内容的には先にもちらっと書いた通り2013年にリリースしたアルバムを元に組まれたsupercodex setのアップデート版、さらに激しく攻撃的に、そしてさらに踊れるようになった印象。この辺は敬愛するHEADZの佐々木敦氏がとても素晴らしいツイートをしておりまさにそれがそのまま当てはまるような内容だったので勝手に引用させてもらいます。

 
でその他になんですけど、自分今回のライヴ、こういう風になってってるってのも含めて、ちょっと不気味な感じしたんですよね。まずはじめにこれは書いておかなくてはならないと思ったんですけど、先生の服装、自分が見てきた限り黒尽くめでシャキッとした印象だったのに今回なんと肌着か!?みたいな白いシャツ一枚で出てきたんですよ。それにトレードマーク(?)のグラサンに黒ニット帽で、え~なんかおっさんくさい・・・(ちょっと幻滅)。とか思ってたのもつかの間、映像がシャツに写って先生自体映像と一体化するパフォーマンス(?)のように見えておーこりゃかっこいいなと。そうじゃない時はおっさんくさかったけど・・・。ある意味この点が一番不気味だったんですけど(失礼)それ以外にも気になるとこがあって。まず最初、開始の合図の如く微弱なサイン波から始まったんだけど、その時後ろの方で一緒に先生にしてはやけにポップな音色の音がひとつ鳴ってませんでした(わかりづれぇ・・・)?割とすぐ消えちゃったし耳の事もあるし単なる聞き間違えとか妄想の産物とかその可能性も否めないんですけどとにかくその音が今までの先生の音っぽくない様な気がしてそこがいきなり引っかかってきて。で、ラスト、いつも白黒で発光しまくる映像がTVのカラーバーの如く無機的に且つ鮮やかに色付きながら点滅して終了。えっ色!?今までにライヴ時の映像に色付いた事なんてあったんですかね・・・。これ自分相当衝撃的だったんですけど・・・。まだライヴも4回目だし過去の事含め知らない事の方が多いと思うので間違ってる可能性も高いしこんな風に言っちゃうのもどうなのかなとも思うけど、それでも、この一連の変化ともとれなくもない行動、なんか不気味に感じてしまう・・・。来る次作への示唆的な意味合いが含まれてたりするのか?一体あと何年後の話なんだそれは・・・。う~ん考え過ぎなのかなあ。妄想癖激しいのでこういう事ばかり考えてしまう。


で、最後の最後になんと、それこそ実現不可能だと思われていた、Ryoji Ikeda x Merzbow、御二方悪夢の共演が・・・。え~・・・“※2組によるセッション企画ではありません。”ってサイトに書いてあったじゃんよ~・・・誰もがそりゃそうだよね当然だよねって苦笑しながらチケ買ったと思うんで誰もが期待してなかったと思うんですけど・・・もちろんそれでも淡い期待は寄せてたのは自分も同じなんですけど・・・。お二人のライヴで覚醒しつつもごっそり体力持ってかれたってのに更に殺しにかかるつもりかよ・・・(嬉々)。それにしてもこの現代音楽史に名を連ねる日本の2大ノイズレジェンドのセッション。すげぇ・・・この時この場にいた我々はたとえどんな内容になろうとも歴史のいち証人になる事が確定してしまったのだ・・・しかとこの目で見届けなくてはならない。で肝心の内容といえば、映像無しの両者音のみ、そりゃまぁ先生がどんなにデカイ音出そうともMerzbowの轟音ハーシュの前にはほぼかき消されちゃうわけで、そりゃまぁ想定内だしたまに先生のギュイーンって感じの音が聴こえるの面白いよね、って割と微笑ましい感じ(?)で聴いてたらなんだか上半身に何かが当たって妙なムズムズ感が・・・それがだんだん大きくなってって・・・あーこれもしや先生の低周波!?!?!?そう、このセッション、Merzbowの暴力的なハーシュノイズと先生の暴力的な低周波が同時に襲い掛かってくるというまさに音の暴力、まさに地獄絵図のような音楽体験でうわーーーーーすげーーーーー!!!!!なにこの感覚まさに唯一無二!!!!!うわ気持ちワリィ!!!!こんなん絶対今日しか浴びれないじゃんやべーーーーーー!!!!!ヒューーーーー!!!!!!もう超壮絶面白音楽体験でしたね。いや~こういうのもあるのか・・・ノイズ面白いなあ・・・音楽面白いなあ・・・。やっぱこれ今日だけなんだろうなあ。また聴いてみたいけど。マジで歴史のいち証人になってしまったな・・・。いやあもう最後のサプライズ含め本当に最高のイベントでしたね。ありがとうWWW X。これからもお世話になります(3回目)。



・・・とは言ったものの全てを紐付けしたくなってしまう面倒な性格なのか、この辺もどうも不気味に感じてしまう。先生が他人とセッションするなんておそらくこれが初だろうし。まぁ単にファンサービスなんだろうなと思う。おそらくサイトに書いてあった“※2組によるセッション企画ではありません。”は少なくとも当時は本当で、ここ数日の間に決まったもんなんだろうなって気がする。嬉しい、凄く嬉しい。でも・・・いささかちょっと不気味だ。どちらが提案したのかとかそういうのは分からないけどこの話に先生がノッたってのが今でもちょっと信じられないというか。いやまぁ凄く嬉しいんだけど・・・。セッション終了後、先生は観客に向かって軽く会釈をした、ように見えた。その時ちょっと笑顔だった、ように見えた。さっと出てきてさっと立ち去るってイメージなので先生のこういう姿が見れたってのもなんだか個人的には超サプライズ・・・。なんだけどやっぱりなんだかちょっと不気味だ。一体何を考えている池田亮司?先生。




f:id:pesorandum:20161029213018j:plain