読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶんゲームオーバー

気付かないふりーくす

ともこ一角『ロムエ』

 

 
ここ数年アングラシーンでなくとも変な名前のバンド・ユニットをよく見かけるようになってきたけど、変なのとインパクトってだけではいまいち気になるって感じでもなく大抵はスルーしちゃって、そう考えてみると明らかに変で適当で一発で覚えてしまえる程インパクトでかくて且つポップでファニーな響きなんかも持ち合わせていて名前見た瞬間なにそれめっちゃ聴いてみたい・・・ってなってしまった“トルネード竜巻”はある意味秀逸過ぎるネーミングセンスと言えましょう。そんなバンドの首謀者の次なる一手は“ともこ一角”で・・・。どうです、明らかに変で適当で一発で覚えてしまえる程インパクトでかくて且つポップでファニーな響きなんかも持ち合わせていて名前見た瞬間なにそれめっちゃ聴いてみたい・・・ってなったりしません?しかもバンドメンバーにはともこさんがいないんですよ。どうです、もっと聴いてみたくなってきたでしょう?




ということで。最近は現在活動休止中のバンド・トルネード竜巻の中心人物にして現在は劇伴やら桑田佳祐氏などのサポートやらで活躍している曽我淳一氏による新バンド・ともこ一角の先日のライヴで初売りとなった1stアルバム『ロムエ』ばかり聴いていて、そのくせ飽きる気配も全く感じないんだけど、聴き続けてる内に気付いた事もちょこちょことあって、それはやっぱり比べるべきではないとか思いつつもトルネード竜巻との違いとかそういう類の事で、トルネード竜巻に関してはちと面倒なんで詳しくは書きませんが今聴いてもとても素晴らしいバンドだと思うのでご存知でない方は是非ググったりしてほしいところなんですけど。プログレ的な重厚でドラマチックなアレンジで楽曲の魅力を無限に引き出すようなトルネード竜巻に対してともこ一角の楽曲はらしさを感じつつもとても軽やかで、これはどんなヘンテコなアレンジを挟もうとも最終的には最高のポップソングに仕上げる事ができる数多のサポートをこなしてきた名うてのスタジオプレイヤーがメンバーに揃った結果であって、これによって曽我氏の持つちょっと変で唯一無二なポップセンスが完璧なまでに楽曲に反映され、氏にとっての理想のポップソングを作り上げる事ができる環境が遂に整った、とすら思ってしまう程完璧に思えて。軽やかさあってこそのポップで、これはトルネード竜巻にはないともこ一角の最大の武器で、やはりともこ一角の目指しているところはポップバンドなんだろうなと思う。アルバムの曲順を見てもそれは明確で、トルネード竜巻なら絶対に最初と最後はこの曲にはしなかったはずだと言い切れる。そんな感じなので楽曲やアルバムでのエモさで言えばトルネード竜巻の方が圧倒的に上で、トルネード竜巻はロックバンドだったのだ、という事を今回初めて気付かされたというか。ずっとオルタナで且つ最高のポップバンドだとばかり思ってたからな。それくらい曽我氏のポップセンスは強烈なまでに鮮烈で代えのきかない代物なのだ、という事も改めて。僕は基本エモい音楽が大好物なので、だからこそトルネード竜巻を好きになったんだろうなって気がして、ならやっぱりトルネード竜巻の方が上なのか、というと全くもってそんな事はなく、比べるまでもなくともこ一角は素晴らしいバンドで『ロムエ』は素晴らしいアルバムなのだ。前述した圧倒的な軽やかさでもって氏の才気が爆発しまくりなほぼ全曲リード曲になりえる程の強力で多彩な楽曲を矢継ぎ早に繰り出してく本作は全8曲約35分というコンパクトな作りというのも手伝ってか変な話カットアップ的にすら聴こえてきて、初めて聴いた時なんかはトルネード竜巻なき空白の期間に想いを馳せる暇なんてなくうわっ曽我氏!あれも曽我氏でこれも曽我氏でめっちゃ曽我氏!!!って感じ(?)で既に大半の楽曲は公開されてたとはいえ(現在は3曲のみだが一時期計6曲もyoutubeにあがってた)始まりから終わりまでドキドキワクワクしっぱなしでもう大興奮。まぁこれは僕はトルネード竜巻信者だからなんだろうけど、だけどよく知らない人にとってもきっと素敵な作品として心に響くはずで、次々と目の前の景色を軽やかに鮮やかに塗り替えてくれる事でしょう。それってとてもドキドキワクワクする事でしょう?きっとドキドキワクワクするはずなんですよ。だってこれはポップアルバムで、やっぱり最後にはドキワクでハチャメチャなパワーでもってポップが大勝利をおさめるのですから。それが唯一無二なら尚更。現時点で最高最強のポップ・ボムな一発だと思います。だから一刻も早く全国流通してみなさんの耳に届いてくれ頼む・・・(追記:11月30日から通販開始してます。こちら)。





この曲なんかもトルネード竜巻では絶対に生まれてこなかったであろう名曲だと思います。公開されてるどの曲もアルバムで聴くからこそわかる良さってのが結構ある。それにしてもボーカルの堤早紀氏、御声も御姿も素晴らしいですね・・・(このPVには出ていません)。





あと自分はどんなバンドに関しても歌詞についてはあまり意識しない方なんだけど、自分曽我氏の歌詞も好きなんだなあ・・・って事に改めて気付かされたというか。完全に個人的な解釈なんだけどメッセージ性がなさそうでいながらも数歩そっち側に踏み込んでいるかのようでいて実はそっちへは向けていないかのような(?)感覚がなんだか愛おしい。youtubeで公開されていた「アンダースロー」を初めて聴いた時、曽我氏が遂に戻ってきてくれた・・・!ってのを曲調と同じ位歌詞にも感じてしまったりもしたし(まぁでもこの曲は堤氏との共作なんだけど)。あと最後に収録されている「言っちゃいな」という曲がとてもグッとくる歌詞で、まぁ「言っちゃいな」って内容の歌詞なんだけど(曽我氏絶対こんな感じの曲紹介しそう・・・)。この曲があるってだけでとりあえず今はともこ一角の方が好きだと言えてしまえる気がする。まぁ比べることではないんでしょうけど、ね。